不動産登記法に親しみを持った方が良い

数ある法律の中でも不動産登記法はそれほど知られている法律ではなくその中身について知っている人はそれほど多くはないのですが、実はけっこう重要な法律なので少しでも良いのでしっかりと勉強することが大切です。
土地や建物等の不動産は売買で取得するだけではなく相続や贈与と言う形で手に入ることもありますが、何れにしてもその場合には登記をする必要があります。
登記をしなければ善意の第三者に対抗することができなくなるので、同じ不動産を取得した者に対して自分の物だと主張できなくなってしまいます。
そのため不動産を取得した時は登記をする必要がありますが、その手続きについて書かれているのが不動産登記法なのでこの法律について知らないとどのように登記をすれば良いのか分からず困ってしまいます。
もちろん司法書士等の法律の専門家に依頼をすれば何も問題はないのですが、それでも後々のことを考えて不動産登記法の概要位は知っておいた方が良いです。