不動産業というのは許可が必要になります

不動産業とは許可が必要であり、誰でも勝手にできるわけではないです。
どんな商売であるのか、といいますと不動産の売買と交換或いは賃貸などの代理や仲介をすることができます。
ビル管理なども不動産会社と呼ばれることもあります。
極めて大きなところもありますし、街でやっている小さなところもあります。
宅地建物取引業と呼ばれることになりますが、これは宅地建物取引業法において規定されていることになります。
手数料収入がメインになりますが、自身で物件を持っていることもありますから、特にこれがないと駄目、ということはないです。
不動の財産なわけですから、動かすことができないようになっていますから、権利のやり取りをすることになります。
現金のようなものであればすぐに手渡しなどもできるでしょうが、さすがに土地家屋となりますとそのまま渡すことができるわけではありませんから、登記というのをすることになります。
それもしてもらうことになります。